出張に伴う宿泊費は工夫次第でお小遣いに早変わり|格安ホテル比較ナビ|国内格安ホテル最安値を徹底比較!

出張に伴う宿泊費は工夫次第でお小遣いに早変わり

会社によって、出張一回当たりの宿泊費がいくらと定められているところがあります。この場合は出張のたびに工夫することで、宿泊費の一部をお小遣いに変えることが可能です。そのためには、安い宿泊先をいかにうまく探すかがコツです。

駅前を中心にたくさんの宿泊施設があるところ

たいていの街の駅前には、ビジネスマンの出張を当て込んだビジネスホテルがあります。ビジネスとは無縁の駅前には見当たりませんが、ビジネス街が近くにあるという最寄り駅のそばになら、必ずといっていいほど見つかるでしょう。駅の近くなら、ホテルまでさほど歩かなくて済んでラクというメリットがありますし、駅前は繁華街になっていることが多いので、コンビニや商業施設が多くあることから、買い物が便利にできるというメリットもあります。そのため、駅に近くて周囲の条件が良くなればなるほど宿泊料金も高くなっていきますが、これは仕方ありません。

ちょっと離れたところがおすすめ

駅から公共交通機関を使わないとたどり着けないというような宿泊施設は、忙しいビジネスマンにとって出張で利用するのはできれば避けたいところです。とはいえ、定められた宿泊費からお小遣いを捻出するという目的のためならば、少しくらいなら歩いてもいいかという気になれるでしょう。駅と直結していたり、徒歩数分といった便利なところではなく、駅の出入り口でもっとも遠いところがアクセスポイントになっていたりするホテルの場合、15分程度は歩くことになるでしょう。この距離の差が部屋の料金の差になって出てきます。

安いホテルでも侮れない充実設備

駅から離れているという理由で利用客が減ってしまうことはホテル側も十分わかっていますので、料金を抑えめに設定するほか、アメニティグッズを充実させたり、広めの部屋に大きめのベッドを整えていたりします。結果的に、値段が安いからといって侮れないところがたくさんできてきます。それならむしろ、15分ほどの距離なら健康のためと考えて歩くのもいいでしょう。出張で訪れた知らない街を散策するくらいの気持ちで、宿泊予約を入れたホテルまで歩くだけで、仕事終わりのビールを会社持ちで飲めるお金が浮いてくると思われます。これもまた、ビジネスマンが出張を少しばかり楽しむコツと言えます。

まとめ

どこに泊まっても支給される宿泊費は同じというビジネスマンなら、安いホテルを選ぶという工夫をすることによって、ひと仕事終えたあとに飲むホテルでのビール代を、宿泊費から捻出できるようになるでしょう。

案件紹介

コラム記事