ホテルの裏事情をよく考えた行動を展開せよ|格安ホテル比較ナビ|国内格安ホテル最安値を徹底比較!

ホテルの裏事情をよく考えた行動を展開せよ

現在の日本ではかつてに比べて信じられないくらい安い価格で提供されている格安ホテルの存在があります。その格安なホテルに宿泊をするにはもちろん予約を必要とします。そして利用すればお金の支払いもしなければなりません。その際には裏事情をよくよく理解したうえでの行動を展開しなければなりません。

インターネットメインだが外部サイトの存在

格安ホテルが出現した背景には、不況が慢性的に長続きする中、そして同業者との競争に負けないようにするため、いかにお客さんを取り込むかがその第一の理由となります。お客さんをいかにたくさん取り込むかを実現するためには広く周知してもらうことが必要となります。そのために多くの宿泊施設ではインターネットサイトを開設して予約できるようにしていますが、自社だけのサイト開設では周知に限界があります。そのため日本各地の宿泊施設をまとめて掲載して予約できる外部の業者のサイトにも掲載をするところが多数出てきています。そしてその外部業者のサイトを利用する客も相当数に上っています。

金銭支払い多様も利便性のためだが日本では

しかしそれらの外部業者への掲載では慈善事業で成り立ってるわけではなくて、商売で成り立ってることに注意をしなければなりません。それはすなわち外部業者に対して予約が成立するたびに成功報酬を与えなければならないことを意味します。外部業者での予約成立が多いほど成功報酬をたくさん支払うことになります。それはすなわち利益の一部がたくさん持っていかれることを意味します。そしてもう1つの関連するべきこととして料金の支払い手段となります。料金支払い手段ではこの国は現金決済を基本とします。しかし近年はクレジットカード決済をする人も増えてきましたのでカード対応のホテルも増えてきています。カード対応のホテルが増えてきた背景もやはり顧客の取りこぼしを防止したい狙いがあります。

カード決済と外部サイト予約の組み合わせ次第では

ただしこのカード決済もやはり商売で成り立ってることに注意をしなければなりません。それはカードで決済するたびに手数料をカード取扱業者に支払わないとならないことを意味します。となると外部サイトでの予約をして、その客がカードで決済しようとしたら2つの手数料を外部へ持っていかれることを意味します。同じ料金でありながら電話や自社サイト利用で現金支払いした人に対しては100パーセントの利益が得られるのに、外部サイトとカード利用組み合わせでは利益が相当減ることになります。本来ならばカード決済に対しては手数料上乗せで料金転嫁しなければならないが、現実はほとんどそれができにくい状況となってます。そのため外部サイト利用客に対しては制限事項を設けて現金決済だけを条件にしてるところもあります。

まとめ

格安ホテルの予約では自社が運営するサイトや電話以外に、手数料払って掲載してもらってる外部サイトの存在や旅行業者があります。しかし外部の業者からの予約やカード決済では手数料を払う必要があるため、結果として現金決済が歓迎重要視されることになります。

案件紹介

コラム記事