安い宿泊施設の利用をするときは事前注意事項|格安ホテル比較ナビ|国内格安ホテル最安値を徹底比較!

安い宿泊施設の利用をするときは事前注意事項

宿泊料金を安くしたければ格安ホテルを探して、申し込みをして宿泊をする必要が1つの選択肢として挙げられます。その利用の際には支払い方法を含めて事前に念入りな調査をして利用しないとトラブルのもとになる可能性があります。

安くても宿泊建物の定義を今一度確認せよ

全国各地にはいろんな宿泊をするためのホテルがありますが、そのうちの一部はいわゆる格安ホテルと呼ばれるものがあります。これは料金を極限まで削った一般的なビジネスホテルで、室内にはベッドが1つとバスタブつきのシャワーとテレビと机があります。トイレは個室タイプもあればシャワー室と一緒のユニットバスタイプもあります。ここで注意することは格安といえどホテルの定義を明確にしておくこととなります。ホテルの定義は旅館業法では9㎡以上の客室が10室以上ある内装が洋式の設備の建物を指すことにします。そのため完全に内装が和室の旅館や、ドヤと呼ばれるような設備劣悪な簡易宿泊所は除外されるものとします。またカプセルホテルも名前だけはホテルだけど、旅館業法では簡易宿泊所扱いとなります。

安いホテルに泊まるには事前の予約を要する

その旅館業法でホテルと定義される格安ホテルに宿泊をするには予約という申し込みを基本しなければなりません。いきなり現地のフロントへ行って交渉ということも一部では可能ではありますが、断られる場合もありますので注意しなければなりません。この申し込みをするには電話など複数の方法がありますが、近年はインターネットの利用が増加をしてきています。ネットを利用するとすべての日の予約状況と価格が表示されるからです。また電話など他の方法に比べて割安な場合もあるからです。ただしこの価格はすべての日で同一とは限りません。価格は曜日やシーズンで異なる場合があるからです。また一部のホテルでは希望する階数や部屋の位置などを指定できない場合もある点に注意しないとなりません。

支払い方法はいつ支払うかで注意を要する

そしてもう1つ気を付けることは格安ホテルを利用すれば、もちろんその料金を支払わなければなりません。問題はその料金をいつ支払うかとなります。一般的な上等なホテルは後払いが基本となりますが、格安なホテルの一部では前払いを要求される場合があります。またその際には領収書が出ない場合もある点に注意もしなければなりません。領収書が出ない理由の1つは安くするための経費節減だからです。ゆえ会社出張など経費精算を要求しなければならない場合などは気を付けなければなりません。外国のホテルの場合はクレジットカード精算が一般的ですが、日本では現金支払がメインの国なのでカード支払いに対応してるか現金オンリーなのかに関しても事前調査をしておかなければなりません。

まとめ

格安ホテルは日本の旅館業法では9㎡以上の客室が10室以上ある内装が洋式の設備の建物で室内は鍵をかけられることが定義であること、そこへ申し込みをするには今はインターネットでアクセスが最も安く利用できる1つの方法となります。そして支払い方法では一部では前払いが要求されたり、経費節減のために領収書が出なかったりする場合もあります。

案件紹介

コラム記事